合宿でわかったことー

昨日まで三泊四日で新潟の方へバレー部に合宿にいってましたー。

まあいろいろあったんだけど、いいことだけ書くわw

合宿中ほかの大学と練習試合をやりまくるんだけど、

試合間にはいつもの部活でやってる

スリーメンだとかトス上げる練習だとかサーブだとかやるんだよね、

で、2回だけなんだけど、スリーメンの時に自分から

先輩へ交代を申し出ることが出来た!

スリーメンって、入ってる人に

「○○さん、ラストお願いします」

って声かけて中に入るんだけど、

今まではスリーメンの時に、

せんぱいに入りなよって言われるまで入れなくて

じぶんから中の人に声かけたことなかったから

私からしたらこれは結構成長w

些細なことだけどw

最後の練習試合でサーブミスったのはかなり痛かったけど、

以前より対陣は返球率上がった気がするし、

まあまあできるようになってはきているのかなっていうw

運動音痴の私からしたら

まあ、上出来w

だからってもういいやとは思わないけど全然。

日頃、家で体調いい時には少し筋トレしたりストレッチしたり

してるのが少しは役にたってんのかなーみたいな感じ。

ただ、合宿よりかは普段の練習の方が私は好きかなw

参加しやすいから。

 

四月には春リーグが始まるから

先輩たちも皆ピリピリしだすと思う。

そうすると、ボールを思いっきりどっかに飛ばしてしまうことが

まだかなり多い私は

風当たりが強いかもしれない。

正直それはすっげー怖いけど、でも、

歯を食いしばってでもやっていかなきゃ。

新入生が入ってきたときに全くできてなかったら

マジで笑えない。

もう初心者ではないんだ、って

そうおもってやっていこうと思う。

今までは、少なからず、初心者だから、とか

私が入ったらほかの人に迷惑かけるから、とかっておもって

消極的だったけどね。

ようやく練習の殆どに参加できるようになって

ボールも見えてきて審判の資格も取れて。

監督さんからは、もう初心者じゃないし、って言われて、

先輩からは、にしもチームの一員だからっていってもらえて。

かなり嬉しかった。

先輩方や監督に私はすごい嫌われてるってビビってたから。

その一言で、私の中の何かのスイッチが入ったのは事実。

 

そうなると

やっぱ正直試合に出れるようになりたいし。

ただ、私は身体が弱いから体調崩すこともあるわけで。

その中で積極的にやっていかないと追いつけないし

追い越すことなんてできないし。

あー、まあ追い越すのは難しいかもだけどwww

 

あとは、今回の合宿で

怖いの入り混じった尊敬しか正直先輩方のことを見れていなかったけど、

そうではないことがわかった。

先輩達の前で、言われたことで号泣してしまったのは

今から考えればすっげー恥ずかしいんだけどw

でもそれでも、

私たち1年生のこと冷静にしっかり見てるんだなーって、

それにすっげー大人だなって思った。

尊敬の念がかなり増した。

それに、嫌なことがあった時の対処法も教えてもらえたから

頑張っていける気がした。

その反面、

自分はまだまだかなり子供だなって反省も出来た。

先輩達のように大人にならなきゃいけないし、

技術だって、にしがいてよかったって言われるくらいにまで

レベルを上げていかなきゃいけない。

今までの自分は、考えが軽いというよりかは、

諦めや消極的さの塊だったから、

投げやりになったり感情に任せて表情や口調が変わったり、

部活の練習に集中できなかったりで、

そうして同学年とのすれ違いが深くなったから。

 

今までの自分のいた環境と今の環境は全く違う。

以前は積極的に自分からなにかしたりいったり

自分の意欲を前面に出すよりは、

自分の意思はなるべく抑えて

負の感情も自分だけで消費して

周りで起こる出来事を冷めた目で見ることが必要だった。

他人に対してはどちらかというと攻撃的で

信用するしないもはっきりと境界線を引いていた。

正直、知り合ってから1、2年くらいじゃ

どんなに仲いい相手でも信用しなかったし、

裏切られても冷めていた。

っていうより、

裏切られても傷つかないくらいまでにしか

近づかなかった。

 

いまだそんな環境にいるような錯覚のまま

今までと同じように振舞ってきたけど、

それは間違っているんだって

頭でだけではなく

実際の行動に出すくらいまで

わかるようになってきたのは部活に入ってから。

 

全部が全部一気に変えることはできない。

なんて言ったって、

十数年間の自分を数日でガラリと変えることなんて

どう考えても不可能だから。

他者に対しての深い敵対心や懐疑心は

すぐには消えないし、

なんでも積極的にやっていけるように

すぐにすぐなれもしない。

それに今の自分は、わざと演じている自分ってわけではなくて、

努力してないわけでもないから。

 

ただ、少しずつなら変えていける。

変えなきゃいけない。

自分の大切な人が、回避依存症だって知って、

まずは私から変わろうって決心した時の気持ちを

また思い出すことができたかなーって。

もう数ヶ月経ってて、薄れかけていたけど。

今また強い気持ちになれたから。

 

辛かったり苦しかったり、

決して楽しさだけじゃなかったこの部活の合宿。

でも、その分得たものも大きい気がした。

 

今感じてるのはそんなこと。